Category: ディーアイワイ (DIY)

トントントン、何の音?

英語にはノックノックジョークという子供から大人まで良く知っている定番の言葉遊びがあります。皆さんも聞いたことがあるかも知れません。いろいろな種類がありますが、ダジャレっぽい言葉遊びが良くあるパターンです。 例えば: A: Knock Knock ノックノック(ドアをたたく音) B: Who’s there? 誰? A: Lettuce       レタスだよ B: Lettuce who? レタス誰? A: Let us in. It’s hot outside. We will shrivel up. お家に入れてよ。外は暑くてしなびちゃうよ。 Lettuce と Let us は両方とも「レタス」の響きに近く、この例の様にオチ(外は暑くてしなびちゃうよ)がついているとさらに面白くなります。日本語の感覚だとこんな感じでしょうか。 A: トントントン(ドアをたたく音) B: 誰? A: クレヨン B: クレヨン誰? A: 入れてクレヨン。外は暑くて溶けちゃうよ。 私がアメリカに住んでいた時、知り合いのおじいちゃんが孫とノックノックジョークで言葉遊びをしていたのを今でも思い出します。とても微笑ましい光景でした。 さて、トントントンと言えば先日久しぶりに我が家の壁をトントントンしました。掛け時計を壁に設置するため壁裏の間柱を探す目的ためです。間柱にクギネジを打たないと時計が自重で落ちるので危ないですからね。 たたいた時の音の違いで間柱の位置は何となく分かるのですが、やはりここは文明の利器の登場となります。ハンディータイプの壁裏探知機です。使い方はとても簡単。壁上で左右上下に探知すると間柱などの壁裏に隠れているものの位置を示してくれます。しかも付近に通電線があるとそれもランプでお知らせしてくれる優れものです。 ホームセンターに幾つか機種がありますが、今回はアメリカ、ジルコン社のスタッドセンサー Pro LCD を使いました。一家に一台の必需品です。 参考商品  アメリカ、ジルコン社製 (Zircon Corporation) スタッドセンサー Pro LCD …

さらに見る
さらに見る